インド占星術における惑星の強さ

 

惑星には強さ(品位)があります。在住している場所によって惑星の強さは変化し、持つ力を発揮する度合いや与える影響も異なってきます。
高揚するときが最も強く、減衰するときに弱くなります。ムーラトリコーナは、高揚の次に、惑星が強くなるポジションです。

 

また、それぞれの惑星は、支配する星座を持ちます。つまり、自分の所有する星座のようなものです。
例えば、太陽はしし座を支配しますが、その太陽がしし座にあれば、太陽は「自室に居る」と表現することができます。

 

下記表は、それぞれの惑星の支配星座と高揚、減衰、ムーラトリコーナの星座と度数をまとめたものです。
ラーフ、ケートゥについても支配星座や高揚の星座については諸説ありますが、ここでは省略します。

自室・高揚・減衰・ムーラトリコーナ

 

 

惑星 支配する星座 高揚する星座 減衰する星座 ムーラトリコーナ
太陽 しし座 おひつじ座 10 てんびん座 10 しし座 0-20
かに座 おうし座 3 さそり座 3 おうし座 4-30
火星 おひつじ座、さそり座 やぎ座 28 かに座 28 おひつじ座 0-12
水星 ふたご座、おとめ座 おとめ座 15 うお座 15 おとめ座 16-20
木星 いて座、うお座 かに座 5 やぎ座 5 いて座 0-10
土星 みずがめ座、やぎ座 てんびん座 20 おひつじ座 20 みずがめ座 0-20
金星 おうし座、てんびん座 うお座 27 おとめ座 27 てんびん座 0-15

友好星座・敵対星座

 

惑星 友好星座 敵対星座
太陽 おひつじ座、かに座、さそり座、いて座、うお座 やぎ座、みずがめ座
ふたご座、しし座、おとめ座
火星 しし座、いて座、うお座 ふたご座、おとめ座
水星 おうし座、しし座、てんびん座 かに座
木星 おひつじ座、かに座、しし座、さそり座 おうし座、ふたご座、おとめ座、てんびん座
土星 おうし座、ふたご座、おとめ座、てんびん座 かに座、しし座、さそり座
金星 ふたご座、おとめ座、やぎ座、みずがめ座 かに座、しし座
ラーフ おうし座、てんびん座、やぎ座、みずがめ座 おひつじ座、かに座、しし座、さそり座
ケートゥ おひつじ座、おうし座、てんびん座、さそり座 かに座、しし座