インド占星術は、惑星の動きと位置を科学的に分析し、それらが人々に与える影響から運勢を占う、インドで古代から続く占術です。12の星座とその星座に在住する9つの惑星が人々の生活にさまざまな異なる状況を生み出します。

また、インド占星術では、ラグナと月の星座を重視します。ラグナは、産まれたときに東の地平線上にあった星座のことで、月の星座とは、その人が生まれたときに月が位置していた星座のことをいいます。

そして、星座と惑星の配置を図で表したものをチャートと呼びます。

 

惑星の特徴

 

 

 

 

ラグナ・月星座の特徴

 

 

 

 

ハウス

 

 

 

 

 

 

惑星の強さ

 

 

 

 

 

 

 

惑星のトランジット