6ハウスに在住する惑星

6ハウスが表すもの

 

事故、病気、敵、精神的苦悩、母方の弟、不運。6ハウスが傷ついていれば、病、借金、敵に苦しむ。

 

 

 

6ハウスに在住する惑星

 

これらはあくまで一般的な解釈で、インドの慣習に基づいた極端な意味も多く含まれます。実際の鑑定では、惑星の状態やアスペクト等を考慮して判断する必要があります。

 

 

太陽

 

 

良い政治家になる。有名、成功。あまり健康でない。太陽が傷ついていれば、長引くやっかいな病気。太陽も吉星からの助けがあれば、優れた管理能力、
敵が少ない、裕福、努力して成功。土星による傷つきがあり、木星のアスペクトがなければ、心臓のトラブルや胸の痛みに悩まされる。

 

 

 

 

幼少期に体が弱い。火星と土星による傷つきは、不治の病、復讐心の強い敵、月は人に仕える立場での大きな成功を表す。6ハウスが固定星座であれば、尿結石、女性に服従する。胃のトラブル。変通星座で傷ついていれば、肺のトラブル。ケータリング業で成功。

 

 

火星

 

 

情熱的、政治の世界で成功。近い親戚に悩まされる。火星が傷ついていれば、事故、損失、トラブル。土星による傷つきがあれば、手術の失敗、動物による怪我。ラーフによる傷つきがあれば自殺。ケートゥによる傷つきは中毒死。

 

 

水星

 

 

喧嘩っ早く派手だが人から尊敬される。教育が中断される。水星が傷ついていれば、精神的トラブル、神経の損傷。火星とラーフまたは土星とラーフによる傷つきは、精神面でのトラブル、部下や従業員とのトラブル、病弱。怠け者で言葉がきつい。敵を恐れさせる。

 

 

木星

 

 

怠惰、敵に悩まされる、不運、気難しい、体は丈夫。木星が傷ついていれば、不摂生による病気。

 

 

金星

 

 

敵がいない。女性に好かれる。金星が傷ついていれば、異性トラブル。

 

 

土星

 

 

喧嘩っ早い、頑固、大食、敵がいない、勇敢。土星が傷ついていれば、病気、部下とのトラブル。火星による傷つきは、危険な病気、手術。ラーフによる傷つきは、精神面のトラブル。良いアスペクトがあれば、業務委託による収入、石工の仕事、等。

 

 

ラーフ

 

 

長生き、裕福。敵とのトラブル。性器の病気。月と土星がコンジャクトしていれば、精神面でのトラブル。スキャンダラスな私生活。

 

 

ケートゥ

 

 

ケートゥにとっては最も良い配置。有名で権威がある。敵がいない。そうでなければ不道徳。直観に優れ、霊感がある。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。