1ハウスの支配星(ラグナロード)が在住するハウス

これらはあくまで一般的な解釈で、インドの慣習に基づいた極端な意味も多く含まれます。実際の鑑定では、惑星の状態やアスペクト等を考慮して判断する必要があります。

1ハウス

独立心旺盛で自分の力で人生を歩む人。2度の結婚、不貞行為。ラグナロードの状態が良ければ、地域で有名になる。

正しいリーディングには惑星の強さやその他の要素を考慮する必要がある。もし、ラグナロードが1室在住であってもで凶星からアスペクトをされている場合と、吉星からアスペクトされている場合とでは結果は異なる。
これは全てのハウスに共通して言えることである。

 

2ハウス

収入が多い。敵から騙されたり、悩まされる。良い性格、尊敬できる寛大な心。野心的。
配置が良ければ、友人や家族に忠実。視力が良い。先見の明がある。

 

3ハウス

勇敢、幸福、尊敬できる、2度の結婚か不貞行為。配置が良ければ、兄弟からの幸運。関係する星座や惑星によっては、音楽家や数学者としての才能。

 

4ハウス

両親からの幸福、兄弟が多い、物質主義、体格が良く、礼儀正しい。配置が良ければ、特に母親から土地を相続する。裕福で有名、乗り物に恵まれる。

 

5ハウス

1人目の子供が亡くなる、子供からの幸福が少ない。短気、他人に仕える。配置が良ければ、良き支配者に恵まれる。貿易や外交の仕事など、5室の示す職業に従事。

 

6ハウス

ラグナロードが3室に在住する場合の特徴に加えて、借金があるが、ラグナロードのダシャーのときに清算。配置が良ければ、軍の司令官、医者や医療サービスに従事。

 

7ハウス

妻が亡くなるか2度の結婚。晩年は世俗から離れた隠居生活をする。裕福かそうでないかはその他の要素による。旅行の機会が多い。

 

8ハウス

学識がある。ギャンブル好き。オカルトへの興味、邪悪な性格。ラグナロードが強ければ、他人を助け、友人が多く、信心深い。穏やかな突然の最期。

 

9ハウス

幸福。他人を助け、信心深い。良い演説者、配偶者、子供からの幸福。裕福。配置が良ければ、先祖や両親からの遺産、有名な父親、慈悲深い。

 

10ハウス

ラグナロードが4室に在住する場合の特徴に加えて、仕事で成功、地位の高い人からの名誉、研究者、10室が表す分野での専門家。

 

11ハウス

ラグナロードが2室に在住する場合の特徴に加えて、事業による収入に恵まれる、お金に困らない。姉からの幸福。その他、コンビネーションする惑星の特徴による。

 

12ハウス

ラグナロードが8室に在住する場合の特徴に加えて、損失が多い、事業の失敗、聖地への訪問。配置が良ければ、遺産を慈善事業に費やす。バランスの取れた感情。公共のために尽くす。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。