8ハウスの支配星が在住するハウス

 

 

1ハウス

 

 

貧困、重い借金。不運がつきまとう。支配星が弱いか、ナヴァムシャで6ハウス、8ハウス、12ハウスに在住していれば、不運の度合いは弱まる。支配星が激しく傷ついていれば、病気や怪我に苦しむ。体が弱い、上司との関係に難あり。

 

 

 

2ハウス

 

目と歯のトラブル。食生活が悪い。家庭生活は不満や言い争いが多い。配偶者に理解されず、仲違いや離婚につながる。長生きをしても深刻な病気に苦しむ。8ハウス支配星がナヴァムシャで5ハウス、6ハウス、8ハウス、12ハウスに在住していれば、これらの現象は和らぐ。8ハウス支配星と2ハウス支配星が2ハウスでコンジャクトしていれば、トラブルや問題が多い。

 

 

 

3ハウス

 

8ハウス支配星が3ハウスで3ハウス支配星とコンジャクトしていれば、3ハウスの表す事柄で苦しむ。耳のトラブル、兄弟との仲違い、不安や精神的問題に苦しむ。借金によるトラブル。8ハウス支配星と、コンジャクトする3ハウス支配星に凶星からの傷つきがあれば、これらの問題に耐えることができない。8ハウス支配星が6ハウスか12ハウスの支配星とコンジャクトしていれば、良い結果がもたらされる。執筆による収入。

 

 

4ハウス

 

8ハウスの支配星が4ハウスで4ハウスの支配星とコンジャクトしていれば、精神不安、家庭での不和や金銭問題、その他の問題が多い。母親の体が弱い。家、土地、乗り物に関する問題。支配星の傷つきがひどい場合、土地を失う。乗り物を失うか傷つけられる。

ペットが病気になる。凶星からの傷つきがひどければ、海外生活をするが、そこで、トラブルや不運に遭う。仕事においての挫折や上司からの怒りを買う。

 

 

 

 

5ハウス

 

8ハウスの支配星が、5ハウスの支配星と5ハウスでコンジャクトしていれば、子供のトラブル。子供が評判を落とすような状況を引き起こす。子供の体が弱い。または、父親との不仲。支配星の傷つきがひどければ、子供の健康問題。精神的トラブル。9ハウスの支配星が8ハウス支配星と5ハウスでコンジャクトしラグナロードが減衰していれば、経済的に恵まれにくい、非社交的、好色、短気。ずる賢い、信心が無い、配偶者や子供から軽視される。

 

 

 

6ハウス

 

8ハウス支配星が6ハウス支配星と6ハウスでコンジャクトしていれば、ラージャヨガを形成する。物質的に恵まれる、名声を得る、望むものが手に入る。ただし、6ハウスは病気のハウスなので健康には良くない。支配星が傷ついていれば、盗難や裁判、警察に関係することでお金を失う。8ハウス支配星がケンドラかトリコーナであれば、悪い結果はより強まる。母方の叔父のトラブル。6ハウスの支配星に保護があれば、トラブルを克服し成功する。

 

 

 

 

7ハウス

 

8ハウスの支配星が7ハウスの支配星と7ハウスでコンジャクトしていれば、寿命が短い。配偶者が病気に苦しむ。支配星が傷ついていれば、本人も病気に苦しむ、海外に行き、病気やトラブルに遭う。7ハウスと8ハウスの支配星が強ければ、海外で成功する。

 

 

 

8ハウス

 

支配星が強ければ、長生きで幸福。土地、乗り物、権力、地位を得る。支配星が弱ければ、深刻なトラブルは無いが、これらについての幸運や富は少ない、父親を事故で亡くす。8ハウス支配星が傷ついていれば、失敗が多く誤ったことをやりがちで、その結果、損失がある。

 

 

 

9ハウス

 

8ハウスの支配星が、9ハウスで9ハウスの支配星と凶星とコンジャクトしていれば、父親の財産を失う、父親との不仲。太陽が傷ついていれば、父親は9ハウス支配星のダシャーの間に亡くなる。吉星とコンジャクトしていれば、父親の財産を引き継ぐ、父親との関係が良い。9ハウスの支配星が弱いと、あらゆる困難や不運に見舞われる。友人や親類からの助けがない、上司から粗探しをされる。8ハウスの支配星が、ナヴァムシャで6ハウス、8ハウス、12ハウスに在住していれば、悪い結果は大幅に軽減される。

 

 

 

 

 

10ハウス

 

8ハウスの支配星が10ハウスで10ハウスの支配星とコンジャクトしていれば、仕事においての成長に時間がかかる。障害。部下に立場を奪われる。良くない手段でお金を得ようとする。経済的に恵まれにくい。2ハウスの支配星も同時に傷ついていて、8ハウス支配星とコンジャクトしていれば、巨額の借金。8ハウスの支配星が、ナヴァムシャで、6ハウス、8ハウス、12ハウスに在住していれば、悪い結果は大幅に軽減される。

 

 

 

 

11ハウス

 

8ハウスの支配星が、11ハウスの支配星と11ハウスでコンジャクトしていれば、親しい友とのトラブル。兄か姉に不幸がある、また、彼らとの関係が悪い。もしくは、彼らの不徳な態度や行動によって苦痛を与えられる。事業の失敗による借金。吉星からの保護があれば、トラブルがあるが、友人や兄か姉の助けで克服する。凶星からの影響は、悪い結果をさらに悪化させる。

 

 

 

 

12ハウス

 

12ハウスの支配星が8ハウスの支配星と12ハウスでコンジャクトしているとラージャヨガを形成する。吉星が8室にコンジャクトしていたら、良くない結果をもたらす。多くの友人の裏切りにあう。

 

 

 

これらはあくまで一般的な解釈で、インドの慣習に基づいた極端な意味も多く含まれます。実際の鑑定では、惑星の状態やアスペクト等を考慮して判断する必要があります。

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。