月の4室在住は、月にとって最も良い配置の1つ。4室は家庭生活や母親のハウスであり、月の4室在住は、幸せな家庭生活や母親や兄弟姉妹との良い関係をあらわす。

4ハウスの持つ意味

 

4室は、母親の養育、母親との関係をあらわす。また、家、故郷、母親の教え、便利さ、快適さ、贅沢などをあらわす。
また、中等教育の意味を持つ。

 

月の持つ意味

 

月は、感情、人との感情面でのつながりや関係性を表す。月は心を表し、心はその人自身やその人の行動を表すので、最も重要な惑星とされている。

また、月は、その人に対する母親の影響を表す。

 

月の4室在住が持つ意味

 

4室は月にとって我が家であるため、月のとって居心地の良い配置。月が4室にあると、快適で感情的にバランスのとれた状態となる。
月を4室に持つ人は、母親からしっかりとした養育を受け、母親への愛着が強い。
月が10室にアスペクトするので、看護師などの他人をサポートする仕事や精神科医、カウンセラー、教師、不動産関係などの仕事に関係が深い。

月を4室に持つ人は、親切で愛情を持って他人をサポートすることができる。また、子供や動物好きである。
月が減衰していれば、母親や故郷と早くに離れたり、母親との関係が悪くなる。
月からの7室にアスペクトをするため、その人はパートナーに対し安定を求める。仕事ができ、社会的地位の高いパートナーを持つ。

 

月の4室在住がもたらす良い結果

 

-慈悲深い、知的、有名、幸福、健康、リベラル、怒りや嫉妬心がない
-結婚後に裕福になる
-学術肌で道徳心が強い
-良い配偶者、息子、母親に恵まれる
-良い友人に恵まれる
-欲がない
-強い、野心的
-家、土地、その他の快適さに恵まれる
-人生の後半になるほど生活の快適さが増す
-母親からの遺産相続、母親からの経済的恩恵

 

月の4室在住がもたらす良くない結果

 

-母親を早くになくす
-幸福感の欠如
-両親との不仲
-32歳までは不安定で経済的にも恵まれないが、その後良くなる
-結婚後に安定する
-母親が病弱
-異性に現を抜かす
-乗り物の快適さがない

良い意味も悪い意味も、これ以外の配置を含めて判断しますので、上記の通りということは決してありません。参考程度にしてください。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。