月の10室在住は、特にそのハウスが蟹座、天秤座、魚座の場合、医療、ホテル産業との関わりを示す。女性の場合、月の10ハウス在住は、看護師として非常に良いハウスの1つである。

 

10ハウスの持つ意味

10ハウスは、4室と対局にあるため、仕事や社会的地位、父親からの教えなどを表す。

 

月の持つ意味

月は、感情、人との感情面でのつながりや関係性を表す。月は心を表し、心はその人自身やその人の行動を表すので、最も重要な惑星とされている。また、月は、その人に対する母親の影響を表す。

 

月の10ハウス在住の意味

月の10ハウス在住は、権威や権力への野望、その権力を恵まれない人を助けることに使うという意味がある。
また、月を10室に持つ人は、争いごと対立関係を和平へと導く外交家である。
しかし、月が減衰していたら、権力に悩まされることになる。

月の10ハウス在住は、シェフやインテリアコーディネーター、看護師、管理人、医者など、母親のように養育や世話をする役目を担う仕事に関係する。

また、月を10ハウスに持つ人の母親は仕事人間で社会的、キャリアウーマンかもしれない。母親との関係は良好だが、規律的で実直な関係性といえる。
また、10室には父親の意味もあるため、その人と父親との関係は非常に感情的なものとなる。

母親との関係が規律的であるため、従来の家庭的な雰囲気や温かさというものが欠けているため、それらを配偶者に求める傾向がある。
さらに、10ハウスは権威やリーダーシップを表すので、その人は、家庭では指導的な役割を果たし、常に人と関わり、人を相手にする立場となる。

 

月の10ハウス在住がもたらす良い結果

 

-敬虔で良い性格
-慈悲深く、共感力がある
-物静かで心が満たされている
-足るを知る者
-教養があり賢く良識的である
-従順で扱いやすい
-文化的で思慮深い
-家族内や社会で尊敬される
-人気がある名声を得る
-情熱があり勇敢
-どんな仕事も遂行できる
-とても裕福で、それにより良いパーソナリティーを持つ
-配偶者側の親類からの富
-政府との良い関わりと政府への影響
-良い家柄出身の女性からの利益
-貧しい家庭から努力によって事業で成功する
-父親からのサポート
-友人や他者からのサポート
-芸術の才能
-若い頃にあらゆる快適さを手に入れる
-配偶者と息子に恵まれる
-選挙で有名になる

 

月の10ハウス在住がもたらす良くない結果

-息子との継続的な争い
-経済状況が変動しやすい
-体が弱い
-問題の多い幼少期
-責任から逃げる
-事業において浮き沈みがある
-良くない行い
-仕事において障害が多い
-幼少期に両親と死別する
-生涯を通して不安定
-職を転々とする

極端に良いこと悪いことが並んでいますが、実際はその他の配置も大いに関係しますので、この通りということは決してございません。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。