知り合いに、いつも恋愛のことで頭がいっぱいの人がいる。途切れることなく常に彼氏がいるけれど、1人の人とは長く続かない。本人は結婚して落ち着きたいようだが、現実はなかなか難しいそうである。

 

簡単に彼女のチャートをみてみたい。

 

 

7室支配星の月が3室に在住。ラーフとコンジャクトしている。
7室支配星が3室にあると、恋愛が長続きしないという考え方があるらしい。

3室には低次元の欲求という意味もあり、そこに7室支配星がいるということは、欲望のままに異性を求めてしまうということなのか。
ラーフとコンジャクトしているので、とことん欲望を追い求める性質はさらに強められていると思う。ナヴァムシャでみても7室支配星がラーフとコンジャクトしているからなおさらだ。

 

ちなみに紫微斗数でみると、丙年の生まれ。紫微斗数では、丙年生まれの女性は結婚には不利といわれている。
男性縁が多すぎて、男性に翻弄されるからだそう。
彼女をみていると、妙に納得してしまった。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。