小林麻耶さんがご結婚されたそうですね。結婚からは縁遠いイメージのある人でしたが、やはり、大切な家族を失うと自分の家庭を持ちたい気持ちが強くなるのでしょうか。逆にいえば、普段強い人は自分が弱ったときでないとなかなか結婚に踏み切れないのかもしれません。それだけ、妹さんとの別離は麻耶さんにとって大きなことだったことと思います。

 

早速、麻耶さんのホロスコープを出してみました。

年下の兄弟を表す3室には木星がアスペクトし、火星のアスペクトバックもあります。姉妹の仲の良さが表れていますね。ただ、その3室支配の火星には土星がアスペクトしているので、妹さん自身に少し心配なことがありそうです。

 

さて、肝心の結婚についてですが、7室支配星は木星。ダシャーを見ると、今月の22日まで木星のマハーダシャーで、結婚されたのは土星のダシャーに切り替わってすぐです。なので、結婚を決めたのは木星のダシャーのときといってよいでしょう。婚期の真っただ中にあったのですね。

現在、ラーシとナヴァムシャの両方で、DKの金星が在住している星座(ふたご座とみずがめ座)でダブルトランジットが起きていますので、こちらも結婚を後押ししたのではないでしょうか。

インド占星術でも四柱推命でも麻耶さんはちょうど転換期になる年に結婚されました。ただ、新しく始まった土星ダシャーですが、土星は6室支配で12室在住なので、あまり良い時期ではないかもしれません。現在は、アンタルも土星なのでさらに心配です。

家庭とお仕事の両立でご無理をなさらないよう、穏やかな新婚生活が送れるとよいですね。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。