ヴァルゴッタマについて

私のホロスコープでは、月、木星、水星の3つの惑星がヴァルゴッタマです。

ヴァルゴッタマとは、惑星がメインチャートとナヴァムシャチャートの両方で同じ星座に位置している状態をいいます。

例えば、私の場合、メインチャートのおうし座に月がありますが、ナヴァムシャチャートでも月は同じおうし座にあります。
木星、水星についても同様に、両チャートで同じ星座に在住しています。

 

「ヴァルゴッタマ=吉」ではない

 

ヴァルゴッタマだから良いとか、惑星が強いとかいうわけではありません。

例えば、メインチャートで土星が減衰している場合、ヴァルゴッタマだと、さらにナヴァムシャでも減衰することになるので、減衰の悪い部分がより強調されてしまいます。よりカルマが強くなるわけです。

 

逆に土星が高揚していたら、ヴァルゴッタマによって土星高揚の持つポジティブな特徴がより明確なものとなるので吉です。

 

 

ヴァルゴッタマで惑星が強くなるケース

 

・惑星がケンドラかトリコーナにある

・惑星が良いナクシャトラにあり、そのナクシャトラの支配星が良い位置にある

・惑星が減衰していたり、敵対ハウスなどの悪いハウスにあれば強くはならない

・ヴァルゴッタマの惑星のマハーダシャーが中年期にあたる

・ラグナロードが強い

・ヴァルゴッタマの惑星のアシュタカバルガのポイントが高い

 

 

惑星ごとのヴァルゴッタマの影響

 

ヴァルゴッタマである惑星が上記の条件を満たして強い場合、下記のような良い影響をもたらします。

 

太陽:欲しいものを手に入れる力があり、大きく成功します。管理能力があり、しっかりとした精神と健康な体を持ちます。自信に満ちて野心家です。社会的地位や名誉に恵まれます。

:良き精神を持ち、容易に成功します。共感力に優れ、親切で公平です。記憶力があり、優れた想像力を持ちます。生まれながらにして裕福です。

火星:不屈の精神を持ち、エネルギッシュに物事をこなします。管理能力が高く勇敢で、競争社会で成功します。

水星:話すこと、書くことに長けています。勉強家で教えることも上手です。知性で頭の回転が良く、他人を説得する能力があります。32歳以降に成功します。

 

木星:知的で裕福、信仰心が厚く、真実への探求心が強いです。他人を理解する力があり、他者を助けます。地位やお金に恵まれ、安定した人生を送ります。木星のマハーダシャーは素晴らしい結果をもたらします。

 

金星:贅沢で楽しく、平和な暮らしを送ります。女性からのサポートを得られやすく、物質的な快適さや美と芸術を愛する心を持ちます。自分中心なところがあります。

 

土星:勤勉で誠実、政治の世界へのつながりなども意味します。10ハウスや11ハウスと関係していたら、大きな成功が期待できます。44歳以降にこれらの結果がもたらされます。

 

ヴァルゴッタマの良し悪しはホロスコープ全体をみることが重要

 

先にも述べたように、私は月、木星、水星がヴァルゴッタマで、月は高揚もしていますが、とても良い人生とは思えません(汗)。逆に感受性や想像力が強すぎて困っているくらいです(汗)。さらに現在は木星のマハーダシャーですが、とても上に書いたような素晴らしいことはありません(木星は自室にあるので弱いわけでもありません)。ただ、生涯ずっと学ぶことは続けているので、それは木星や水星の良さが出ているのかなと思います。また、2室にあるので、経済面は恵まれているほうかもしれません。

ヴァルゴッタマの惑星単体で判断するのではなく、コンジャクトやアスペクトしている惑星を絡めて判断することが重要です。例えば、私は月がヴァルゴッタマで高揚していますが、ケートゥとコンジャクトしていますので、その凶作用は少なからずあります。

金聖堂の鑑定についてはこちら→

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。