インド占星術にはシャドバラという、各惑星の強さを数値化したものがあります。
その惑星の影響力を見る指標のひとつと考えればいいかと思います。

 

惑星の位置の強さだったり、高揚や分割図の強さを総合的に計算して数値を出すらしいんですが、その計算方法は知りません(汗)
今は便利なソフトがありますので、それを活用しましょうってことで、詳しくはここでは書きません。

 

先日、紫微斗数で占った藤原紀香さんをインド占星術でも看てみたところ、彼女のシャドバラでは太陽の強さが非常に際立っていました。下記が彼女のシャドバラです。

無題

 

太陽の強さが突出していて、その値は208!100を平均としてみるので、倍以上ありますw(゚o゚)w
どおりで目立つわけです。ま、タレントさんなのでそれは当然なのですが、彼女の場合、自己顕示欲は相当強そうに見えます。
「もっと私を見て!!」オーラが凄いというか・・・。これは、芸能人としては、とても必要な要素だと思います。
彼女はグラマーで女らしい見た目ではあるのですが、どこか、男性的というか、憂いがないというか、さっぱりしすぎているように見えるのも、太陽が強いせいなのかなーと感じます。月や金星が強いともっと女性らしさを感じると思うのですが。

 

彼女のチャートでは、太陽は12室支配で10室に在住。1室と10室を支配し定座の水星とコンジャクトしています。
10室が強いので、仕事をバリバリとこなし、表舞台で活躍する人です。
土星が弱いので、我慢したり、自己犠牲の精神みたいなのは弱いのかなと。やっぱり、「自分が一番!」な人なのだと思います。

 

なみに私のシャドバラでは木星が一番強くて146%。一番強い惑星で146なので、紀香さんの太陽208%というのが、いかに強いかが分かります。

やはり第一線で活躍されていて、ずばぬけた存在感を持つ人は、チャートにもその特徴が顕著に出るんですね。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。