ガッツポーズで話題の西投手

甲子園盛り上がってますね!高校球児の清々しい姿に、私も毎日感動をもらっています。

そんな中、話題となっている創志学園の西投手のガッツポーズ問題。試合を見ていて、昭和生まれ人間としては「やけに威勢の良い子だな」とは思いましたけど、監督さんが注意するのかと思ったら審判が注意していたとは。試合中に、ましてや審判に注意されてしまったらそりゃあ動揺するでしょう。もっと早くどうにかならなかったのでしょうか。

本人は素人の高校生。メディアが大騒ぎするのもよくないですね。といいつつ、私もこんなふうに取り上げてしまってすみませんなのですが(汗)。

その西投手、試合中や試合後の姿を見ているかぎりでは、「危うそうな子だな」という印象。勝気そうに見せて、かなり繊細なハートの持ち主なのではないでしょうか。

 

ということで、ホロスコープを出してみました。高校生の一般人のホロを出すのは躊躇しましたが生年月日が公表されていたので出させていただきました。

 

予想通りといいますか、やはり月への影響が色々と激しいですね。

 

まず、月とラーフのコンジャクトがあります。感情のコントロールが上手にできず、感情表現が大きく、時に極端になります。とても繊細で、恐れや不安に対して過剰に反応します。

さらに、月には火星のアスペクトがあります。ここからも心の不安定さや気の短さがうかがえます。

しかし、その月には木星がコンジャクトしているので、前向きさや寛大さ、賢さといった木星の持つ良い意味も加わります。このコンジャクトが何ハウスなのかによっても意味は変わってきますが、ラグナが不明なので詳細は分かりません。

 

四柱推命でもみてみましたが、(三柱までしか分かりませんが)全部陰干支ですし、星の並びを見てもずっしりと構えた強いタイプではなさそうです。

ホロスコープをみるかぎり、あのガッツポーズも不安を振り払うための精一杯の行動だったのかもしれませんね。

周りがしっかりと支えて、良い方向に導いてあげてほしいと思います。

西投手、来年も甲子園に戻ってくることを期待しています。

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。